大鹿さくら組

純和風オリジナル手ぬぐい・エプロンの大鹿さくら組

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

大鹿村産業文化祭に出品しました!

▲テキストテキスト

▲テキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキスト

2017-11-13 09:56:38

コメント(0)

工房での出来事!

  
 はて?さて?下の写真は一体なんのUPでしょうか?

 

    ヒントは工房にあるソーイングの道具の
   UPになります!

アイロン台の手前の縁が擦り切れた部分!

新しいカバーを急遽アマゾンから取り寄せ!

 新しいアイロン台にして5年。エプロンや前掛けの地延しや仕上げばかりでなく!スカーフの仕上げのアイロン掛けが増えて、気が付いたら擦り切れてました。

  たんですが!関西人のレコさんは「手前と奥とアイロン台の位置を変えれば、もう暫く使えるじゃない❢」よもやの発言。暫し考えて店主も同調!もう暫く辛抱することにしました❔❕

2017-10-13 16:01:18

コメント(0)

先々週の土曜日金山の物産展に参加!

さくら組のメインスタッフ二人!

村の物産に指定されているブルーベリーの枝染!

中々2Sが撮れない状況ですが、役場関係者にシャッターを押してもらって、画面に収まりました!帆布の前掛けが人気でテーブルに並べて手に取りやすいようにしたら、男性のお客様が何人も足を留めて下さいました。

物産展では千円が限界よ!と言われる中!!一万円に近いシルクのスカーフを手に取って「いい色だわね?!」と即決してくださる方がいると、夏日の中汗だくで作業している日ごろの苦労が吹っ飛びます。諦めずに色出しに取り組み続けて本当に良かったです。

2017-10-04 11:08:21

コメント(0)

平成29年度のブルーベリーの枝染


 

うっすら藤色系の色味がでました!

 染め上がったシルクの着物地と帯揚げにインドシルクのスカーフ。ウールのマフラーも今回初めて染めてみました! 去年はインドシルクを多く染めて、色合いが濃いワイン系が主流でしたが今年は日本の着物地と帯揚げを試してみました。ソフトな藤色系がきれいに出ています。 インドシルクの中でも薄手の光沢のあるものは同じく藤色系に上がりました。
 

ブルーベリーの剪定した枝を水に浸したもの

大鍋で左の浸透させた汁を煮出したもの

7月の第1週に左は浸して2日目位。右は4日位
経ってジンワリ水に枝の色が出てきています。

左のホローの小さい容器は一杯目の染液。右は2杯目と3杯目の染液。こちらを主流につかいます。


 

 

2017-09-17 19:23:49

コメント(0)

秋のイベント出店に向け!

 

ディスプレイ台を加工してもらいました。

 奥にある障子の建具二枚!蝶番で留めて開いて手拭などを掛けて飾るようになっていましたが、
屋外では風で倒れる可能性があるので建具の足元に棒をはめ込んで重しを載せるように依頼しました。

加工してくれたのは木工館の竹岡さん!

 店のデッキの飾り付けが楽しくなりました!

角材をただはめ込むより、幅広の板を飾り棚
風にしてはめ込んで安定させた方が機能がプラスされるし仕上がりもきれいではないかとの提案。出来上がってきて小物を置いたら
中々のお洒落感覚すっかり気に入ってしまいました。

   秋を意識した手拭のバー飾りの下にも
  う一枚酉年の手拭を下げて立体的にも
  できて楽しめます。機能に+デザイン性
  と新たな機能をひねり出すのはやはり
  プロの技!この山奥に人材が居ついて
  くれて感謝!  



 

2017-09-13 15:21:02

コメント(0)

一気にやって来ましたよ!秋が!

 国道152号線を挟んで店の横の田んぼが色づき始めました。

 店のデッキに飾った手拭の間から稲の穂の色づきを覗いて
みました!

 

 現在の店は大鹿に移り住んで二軒目の店になります。商品が増えて店のスペースを広くしたかったのが移転の理由ですが、この物件に決めたのは店の横が田んぼで!大好きなバリ島の風景と重なったからです。

店舗内の紹介

 開店当初からのデザインした手拭をすべて
並べてあります!

 ブルーベリーの枝染と野山の草木染が
最近のにんき商品です。

   鍋敷き兼用の鍋つかみの他に和風のテーブルランナーも作りました。

2017-09-02 18:16:41

コメント(0)

秋にかけて新柄のカフェエプロン作成中!

秋にかけて新柄のカフェエプロン作成中!

 どちらかというと和風の印象が強い当店のカフェエプロンの中にフレッシュな新顔が
登場!!明るいブルー・グリーン・サーモンピンクのストライプ柄に大胆な紅いリンゴと
青リンゴの模様。そして麻糸の地に赤・白・黒の線でかわいいラインの鶏が並ぶ生地を
アクセントにしたポケットが際立つエプロン。
作っている私たちも気持ちが弾んでくるようで新顔エプロンがヒット商品になるか?!期
待しながら作業をしています。



 
年末年始の展示会に麻生地の鍋つかみ&鍋敷き兼用の商品を展示。  鍋つかみを買って頂いたお客様からお揃いのエプロンを要望されました!  下ポッケットのカフェエプロンの特徴は!
 
評判が良くてお正月休みにかかわらず縫製担当のレコさんが、休日返上でミシンに向かってくれました!  それぞれ柄とストライプの生地!紐のコットンテープをコーディネートしてフレッシュな新顔商品がそろいました。  幅を110cmに一枚仕立てで使ってますがウエストとヒップラインに添うようにダーツを2本づつ左右に入れて立体的に仕上げました。

縫製作業はレコさんが私の交通事故以来すべてこなしてくれます。

 
幅110cm!直線の縫い目は私よりきれいに仕上げる腕前に進歩しています!!
 

 

2017-08-27 13:00:33

コメント(0)

手拭の端のベラベラが気になる方へ!第二弾!

        切りっぱなしの具体的なメリット!
 

 当店の最初に作ったホームページ「大鹿さくら組 手拭専科」に“日本手拭の良さ”
に書きましたが、一枚布で仕上げてあると洗濯すると均一に乾いて清潔である言われ
ています。 ただ当店の商品に手拭の丈を半分にして端を三巻縫いに加工したものが
ありますが、素材の晒しが乾きの早い布地なので他の洗濯物と取り入れても三巻部分
が湿気っていたり
カビがはえることはまずはありません!単独で干した場合は均一に
かわいているか?チェックの必要はあるかもしれません。
 他のメリットは一枚布で仕上げてあるので布が縦に引き裂きやすいことではないでしょ
うか? 時代劇に出てきますが、下駄や草鞋の紐が切れた時に手拭を裂いてすげ替え
をする姿に覚えはありませんか?怪我した時に包帯代わりにしたり一枚の手拭が多様
に活躍するのは驚きです! 手拭を裂く!と言えば、昔赤坂の飲み屋さんの店長が半
分に裂いた手拭を捻り鉢巻きにしていて、その厚さがスリムでとても粋に装っていたのを
思い出しました! 一枚の布を多用に使いこなす術はアジアの十八番!これもメリットと
言えるのではないでしょうか?
 

 ①手拭を半分に裂いて捻り鉢巻きに!  ②おまけの涼やかショット
 店に入ると「お帰り!」と声がかかり帰りは「いってらしゃい!」と送ってくれてオイチャンの笑顔が浮かびます!  ハーブのタイムをウオッカに漬け込んだものをアロマポットで炊いていたらDKからハエがいなくなりました!で豊作の紫蘇の葉とペパーミントに、タイムの生葉も一緒に活けてこの夏は過ごしています

きちんと加工処理しない中に自由な発想や、多様な使い勝手が生まれます!
そんな暮らし方に超A型人間が魅力を感じるこのごろです。

2017-08-22 14:12:34

コメント(0)

手拭の端のベラベラが気になる方へ!

          手拭の端の切りっぱなしにはそれなりのメリットがあります!!

    確かに使い始めの手ぬぐいの端のUPの写真(①)を見ると!ベロベロと横糸がほつれてます。隣の少し使い込
    んだ②では縦糸がきれいに並び始めて、ちょっと横糸が顔出ししてます。気になる方は引っ張らずに横糸の根
    元を和ばさみなどで、きっておくと収まりが早くなります。こうして一手間掛けていく内に③の手拭のように端の
    縦糸がきれいに整い横糸がほつれてくることがありません!③は雷門の三社祭の手拭。30年前に頂いたもの 
    で色があせ加減ですが、肌触りが柔らかく何とも言えない風格があって、ちょっと特別な集まりに今でも受けを 
    狙って首に巻いて出かけます。

 使い始めて7~8回  ②一年位使ってる手拭  頂いて30年!年一回使用   ほつれは使い込むとおさまります!
1~2回単独で手洗いして、後はネットに入れて洗濯機 で洗って7~8回目位!一番ほつれが目立つ時期。 ほつれが気になる方は和ばさみで、横糸の根元を切っておくと大きなほつれは止まります。小さなほつれが出たら小まめにきります。  年に一度の使用になっていますが、この色のあせ具合と生地のカスレ具合がいい味出して私のお気に入りの一本です!  切りっぱなしの一枚の布!手を掛けることで愛着がわき単なる装身具ではなく、使い手の人生の一部になっている手拭をお持ちの方も多いはず!!ベラベラが気になるは十分理解できますが、時を経てそれなりに美しくおさまっている手拭の姿を私は美しいと思います。

2017-08-20 15:58:23

コメント(0)

去年より10日余り遅い桜の開花!

       今年の桜は例年より10日余り遅く!昨日開花しました。
 

咲き誇る桜の枝から眺める南アルプスの最高峰“赤石岳”は大鹿村が誇る村のビュースッポトです。桜祭りの前日になっても花は開花せず!ほころんだ小枝を見付けてシャッターをきってみましたがまだまだ寂しい状態!
 
4月15日(土)予定通り“桜祭”を敢行!予報は午後3時から雨!所により強く降るとなってましたが、昼頃から雨が降り出し30分もしたら“大粒の雨”午後からのイベントはすべて翌日に延期!史上最悪の祭になりました。曇天の中、イベントで盛り上げてくれた出演者の方々!には感謝。 雨予報の16・17日は商品も濡れるのでお休み。三日ぶりに大西公園に出店しました!花は一気に五分咲き。週末金土日は満開の桜を楽しんでいただけそうです。

2017-04-19 14:07:15

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3