大鹿さくら組

純和風オリジナル手ぬぐい・エプロンの大鹿さくら組

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

ブルーベリー枝染 山音

              ブルーベリー枝染“山音” 展示会 4月28日より開催


  展示会 2018年4月28日(土)~5月27日(金・土・日)
         ※4月30日(月)は開催します。
  会場 :うどんカフェ かわらしま (大鹿村鹿塩2069)
                      電話0265-39--2260

       ランチ希望の方は電話にてご予約ください

  作者 東村くにこ は毎週日曜日2時からのカフェタイムに会場につめます!!

 

         

2018-04-27 17:04:51

コメント(0)

ブルーベリー枝染 3

 
     

2018-03-18 14:39:22

コメント(0)

ブルーベリー枝染 2

あああ

     

2018-03-18 14:34:50

コメント(0)

ブルーベーリーの枝染

     

2018-03-18 14:19:56

コメント(0)

春季営業再開しました❢

  まる四ヶ月ぶりに営業再開しました。 店舗は152号線の国道沿いの10畳間に!
工房は奥の8畳間に模様替えして、ゆったり商品を見て頂けるようにしました。

 オープンセールは来週24日(土)までかいさいします。20日(火)はお休みを頂きます。

 

       
 店の前のデッキに、セールの福袋や端切れを陳列しました。  500円・1000円・2000円の三種  店内の陳列も変えてみました。  デキッは靴のまま店内は靴を脱いでおあがりください。


 

2018-03-17 16:59:31

コメント(0)

大鹿村産業文化祭に出品しました!

▲テキストテキスト

▲テキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキスト

2017-11-13 09:56:38

コメント(0)

工房での出来事!

  
 はて?さて?下の写真は一体なんのUPでしょうか?

 

    ヒントは工房にあるソーイングの道具の
   UPになります!

アイロン台の手前の縁が擦り切れた部分!

新しいカバーを急遽アマゾンから取り寄せ!

 新しいアイロン台にして5年。エプロンや前掛けの地延しや仕上げばかりでなく!スカーフの仕上げのアイロン掛けが増えて、気が付いたら擦り切れてました。

  たんですが!関西人のレコさんは「手前と奥とアイロン台の位置を変えれば、もう暫く使えるじゃない❢」よもやの発言。暫し考えて店主も同調!もう暫く辛抱することにしました❔❕

2017-10-13 16:01:18

コメント(0)

先々週の土曜日金山の物産展に参加!

さくら組のメインスタッフ二人!

村の物産に指定されているブルーベリーの枝染!

中々2Sが撮れない状況ですが、役場関係者にシャッターを押してもらって、画面に収まりました!帆布の前掛けが人気でテーブルに並べて手に取りやすいようにしたら、男性のお客様が何人も足を留めて下さいました。

物産展では千円が限界よ!と言われる中!!一万円に近いシルクのスカーフを手に取って「いい色だわね?!」と即決してくださる方がいると、夏日の中汗だくで作業している日ごろの苦労が吹っ飛びます。諦めずに色出しに取り組み続けて本当に良かったです。

2017-10-04 11:08:21

コメント(0)

平成29年度のブルーベリーの枝染


 

うっすら藤色系の色味がでました!

 染め上がったシルクの着物地と帯揚げにインドシルクのスカーフ。ウールのマフラーも今回初めて染めてみました! 去年はインドシルクを多く染めて、色合いが濃いワイン系が主流でしたが今年は日本の着物地と帯揚げを試してみました。ソフトな藤色系がきれいに出ています。 インドシルクの中でも薄手の光沢のあるものは同じく藤色系に上がりました。
 

ブルーベリーの剪定した枝を水に浸したもの

大鍋で左の浸透させた汁を煮出したもの

7月の第1週に左は浸して2日目位。右は4日位
経ってジンワリ水に枝の色が出てきています。

左のホローの小さい容器は一杯目の染液。右は2杯目と3杯目の染液。こちらを主流につかいます。


 

 

2017-09-17 19:23:49

コメント(0)

秋のイベント出店に向け!

 

ディスプレイ台を加工してもらいました。

 奥にある障子の建具二枚!蝶番で留めて開いて手拭などを掛けて飾るようになっていましたが、
屋外では風で倒れる可能性があるので建具の足元に棒をはめ込んで重しを載せるように依頼しました。

加工してくれたのは木工館の竹岡さん!

 店のデッキの飾り付けが楽しくなりました!

角材をただはめ込むより、幅広の板を飾り棚
風にしてはめ込んで安定させた方が機能がプラスされるし仕上がりもきれいではないかとの提案。出来上がってきて小物を置いたら
中々のお洒落感覚すっかり気に入ってしまいました。

   秋を意識した手拭のバー飾りの下にも
  う一枚酉年の手拭を下げて立体的にも
  できて楽しめます。機能に+デザイン性
  と新たな機能をひねり出すのはやはり
  プロの技!この山奥に人材が居ついて
  くれて感謝!  



 

2017-09-13 15:21:02

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3